金沢市 注文住宅|新築やこだわりの家づくり ソーラーサーキット/外断熱・二重通気工法の家は建築プロデュース研究所  経営理念

MISSION 経営理念

金沢のハウスメーカーの責任。 わたしたちの家づくりは、美しい金沢の街づくりにつながっている。 家は、文化の象徴です。とりわけ文化都市を提唱する金沢の家は、この街の文化の香りをまとうものであるべきです。建築プロデュース研究所は、単なる工業製品としての住まいはつくりません。住まう人の想いをかなえるという最大のテーマに向かうとき、その方法論として金沢の文化的背景や伝承の智恵を最大限に活かしていく。お客様のしあわせを奏でる家は、同時に金沢ブランドとして恥じない家でもある。金沢でしか生まれない家が生誕するとき、それはお客様に最高の満足をあたえるとき。そう信じています。 金沢で家を建てるなら、金沢の職人を使わぬ手はない。彼らの技巧は世界に誇れます。精緻な手仕事でつくられる家は、工場で生産されたような住宅商品とは異なります。その技や知恵をつぶさに眺めると、家は芸術作品であるとの想いをいっそう強くさせてくれます。ただし、施主となるお客様は芸術性を求めているわけではありません。優先すべきは、快適性であり、機能性です。それが現代のニーズです。そこに金沢の職人のジレンマがあります。職人芸・デザインを披露する機会は年を追うごとに失われています。 家を、永く愛していただく。そのための快適性を実現するためには、テクノロジーの力が必要です。職人のこまやかな手仕事も不可欠です。わたしたちは、こう考えます。“伝統の職人技術を活かすために最新鋭の設備を採り入れる”。いわば、伝統と新鋭のハイブリッドデザイン。新旧が融けあう金沢は、そもそもハイブリッドな街です。建築プロデュース研究所はここに独自の価値と使命を見いだします。キーワードは“金沢クラフトロジーハウス”。金沢の職人とともに、金沢からはじめます。次代を生きる住まい手のために。 Kanazawa Craftlogy House